スイス腕時計「アルスタ」日本公式サイト

ABOUT ALSTA

OUR HISTORY

‘60〜’70年代のアルスタ

1960年代と1970年代を通じて、精度と堅牢性を必要とする人々、科学者、エンジニア、産業家、多くの人から愛用されてきました。 1970年代後半に、多くの独立した時計メーカーとともに「クォーツ危機」に屈しました。世界が機械式時計の終焉を恐れたため、数百の時計メーカーが廃業しました。悲しいことに、この見通しに根拠がないと証明される前に、アルスタを含む多くの愛されていた時計メーカーが姿を消しました。

約40年後、蘇るアルスタ

2014年に復活し、私たちは、リチャード・ドレイファスが映画ジョーズの中で着用していたノートスカフにインスパイアされ、ジョーズウォッチと呼ばれるノートスカフを代表的な復刻モデルに選びました。今日、ノートスカフがアルスタの愛好家や、アルスタを初めて知った人から非常に好評を得ていることを嬉しく思います。
2018年に発表したサーフ・アンド・スキーも同様に好評でした。
さて、2020年、日本の愛好家の皆様にアルスタウォッチを展開できることを嬉しく思います。 これは、マットフーパーがダイビングの相棒として選んだ時計を手に取って実感していただけたら幸いです。

OUR ETHOS

レガシーを受け継いで。

新しいアルスタは、ロマンスを腕時計に取り戻すために作成されました。
私たちは過去からの素晴らしいタイムピースのポートフォリオからインスピレーションを得ていますが、私たちは新しい時計にモダンな思考とデザインのタッチをもたらすことを信じています。私たちのスタイルは、単なる消費のためではなく、レガシーを受け継いでいくことです。

パイオニア精神を持って。

アルスタの着用者は、パイオニア精神のある人々です。彼らは地球市民であり、成功し、やる気があり、冒険好きで、アウトドアが大好きです。彼らは、20世紀初頭の探検家、20世紀半ばのスタイルアイコン、現代のテクノロジー、ビジネス、クリエイティブの先駆者を賞賛します。彼らの周りに刺激を与えて、彼ら自身の足跡を作成するでしょう。

理想とアイデアと。

物質的な富とは対照的に、理想とアイデアはそれらを駆り立てます。私たちの土地や海などの本当に重要なものやその中に住むすべてのものを学び、教え、保護し、保護することを熱望し、刺激することは、単なる消費よりも重要です。確かに、素晴らしいものを所有して楽しむことができます。私たち全員が私たちの努力に少しの報酬を必要とします。しかし、これらのものは高価である必要はありません。私たちは自分たちのスタイル、エイジング、そして職人技を賞賛しているからです。
アルスタの着用者は、思いやり、夢、ロマンティック、熱望、刺激を与えます。